title_bar トップ画像

現在弊社では『地球に優しい』をコンセプトとし、地盤の状況・立地条件などを考慮しつつ、最適な支持杭(鋼管杭)をご提案させていただいております。

また、昨今のニーズにいち早く対応すべく『メガソーラー対応基礎鋼管杭』を開発し、ソーラーパネルの基礎工事に力を注いでおります。

今夏、国宝清水寺の耐震補強工事にも参加いたしました。

所在地(愛知県)をベースに、日本全国どの地域でも対応可能です。

 

弊社開発:メガソーラー対応基礎鋼管杭(FTS パイル)

特徴① ソーラーパネルの設置では、支持力と共に引き抜き力性能が必要不可欠です。エフ・ティー・エス パイルは、二枚翼形状により、優れた引き抜き力・支持力性能を発揮します。 FTS_Pカタログ画像
特徴② 二枚翼形状により、優れた施工性と貫入能力の高さを兼ね備え、大規模設備に対応した高いコストパフォーマンスを実現しました。
特徴③ 発生土は生じません。振動・騒音はほとんどなく、大掛かりな養生も不要な工法です。引き抜き・撤去が拡翼の逆回転で容易にでき、土地の再利用が可能です。

 

一般構造建築物鋼管杭

重機施工写真

ガイアパイル

ガイアパイル

貫入性能・建て込み精度・杭芯ズレの極小性、また拡翼変形がなく施工精度の高い基礎杭技術です。
細径鋼管の先端に半円形の拡翼2枚と三角形の掘削刃を取り付けた回転貫入鋼管であり、幅広いニーズに対応する国土交通大臣認定工法です。



ウルトラパイル

ウルトラパイル

独自の打ち止め管理方式により施工機械・施工者によるバラつきがなく、増大な支持力が得られる制度の高い基礎杭技術です。
従来の打ち止め管理(回転トルク・回転当たり貫入量等)での確認が難しいとき、スライドウェイト計測器付のモンケンを使用する事により確実な支持地盤の確認が行えます。



テコットパイル

テコットパイル

従来のガイアパイル・ウルトラパイルの技術・経験から、細径鋼管への拡翼の取付け方や鋼材(材質)を見直し、よりコストパフォーマンスに優れた鋼管杭になりました。
テコットパイルは、ガイアパイル・ウルトラパイルと同等の性能を有しながら、さらに安価にご提供させていただける鋼管杭で、上記2種鋼管杭の廉価版に位置付けされる鋼管杭です。
更にスライドウェイト試験を採用する事により、施工管理が充実いたしました。


 

各種鋼管杭による基礎工事

● メガソーラー基礎工事   ● 住宅・マンション基礎工事   ● 工場内機械基礎工事
         
● 学校耐震補強基礎工事   ● 住宅耐震補強基礎工事   ● 鉄塔基礎工事
         
● 擁壁基礎工事        

 

鋼管杭基礎工事の特徴

環境保全 回転貫入工法は、無残土での杭施工を実現します。産業廃棄物(地盤改良材やセメントミルク等)は一切使用しないことにより、残土を全く発生させません。
高支持力 独自の杭先端形状により、大きな支持力を発揮することにより、経済的な杭設計が可能です。
低騒音・低振動 回転貫入方式で行う工法は、低騒音・低振動。都市部、住宅密集地、建物屋内などでの杭施工に最適です。
低コスト 地盤調査に基づき無駄のない杭長、流通の簡素化、無駄な準備作業を省略、又拡翼付先端により杭軸が細径化可能になり、商品と施工のコストを抑えます。
省スペース 施工に必要なものは、小型杭打機のみ。プラント設備等は不要なため、極めて省スペースでの施工が可能です。杭材は小型トラック(2t~4t)で搬入が可能、現場周辺の環境保護にも貢献します。
高性能施工機械 小型でありながら高トルクが可能な施工機械、狭い搬入路、施工現場、上空制限のある現場(工場等)など、限定された施工条件に対応します。