一般建築物用鋼管杭

TGパイル工法・TG-m工法

★ 砂質・礫質・粘土質地盤
TGパイル①TGパイル工法(鋼管杭) は国土交通大臣により認定された工法です。また、TG-m工法(先端翼付き鋼管を用いた杭状地盤補強工法)は一般社団法人日本建築総合試験所によって建築技術性能が証明された工法になります。
この2つの工法はタイガー産業株式会社によって開発されたものです。
TGパイル工法
支持地盤 鋼管の寸法
■砂質地盤
(礫質地盤を含む)
■粘土質地盤
φ139.8~φ318.5  
拡翼径の寸法
φ350~φ800  
先端N値 最大施工深さ
■砂質・礫質地盤
(5N値50)
■粘土質地盤
(5N値50)
130D以下
適用する建築物の規模
床面積の合計が 50,000m2以下の建築物
TG-m工法
支持地盤 鋼管の寸法
■砂質地盤
(礫質地盤を含む)
■粘土質地盤
φ89.1~φ165.2  
拡翼径の寸法
φ240~φ400  
先端N値 最大施工深さ
■砂質・礫質地盤
(5N値20)
■粘土質地盤
(5N値20)
130D以下(φ165.2は20m以下)
適用する建築物の規模
床面積の合計が 1,500m2以下の建築物
 (平屋に限り3,000m以下)

ガイアパイル工法

★ 砂質・礫質・粘土質地盤
ガイアパイル①ガイアパイル②貫入能力・建て込み精度・杭芯ズレの極小性、また拡翼変形がなく施工精度の高い鋼管杭です。
細径鋼管(φ76.3~φ267.4mm)の先端に半円形の拡翼2枚と三角形の掘削刃を取り付けた回転貫入鋼管杭であり、幅広いニーズに対応する大臣認定工法です。
支持地盤 鋼管の寸法
■砂質地盤
(礫質地盤を含む)
■粘土質地盤
φ76.3~φ267.4  
拡翼径の寸法
φ200~φ650  
先端N値 最大施工深さ
■砂質・礫質地盤
(10N値50)
■粘土質地盤
(3N値40)
130D以下
適用する建築物の規模
床面積の合計が 50,000m2以下の建築物

テコットパイル工法

★ 砂質・礫質・粘土質地盤
テコットパイル①形状は「ガイアパイル」「ウルトラパイル」とほぼ同じです。打ち止め管理も簡単にしました(トルク管理、スライドウェイト1回のみ)。材質も一部改良を加え、格安に提供させていただけるようになりました。
砂質地盤(礫質地盤を含む)、粘土質地盤の両方に対応し、先端拡翼部によって杭の先端支持係数 α=270 を実現。回転貫入方式なので、低騒音・低振動であり、都市部・住宅密集地・建物屋内等での杭施工に最適です。テコットパイル②さらに施工に必要なものは小型施工機のみなので、狭い場所での施工も可能です。
国土交通大臣工法認定と日本建築総合試験所の建築技術性能証明の両方を取得した工法です。
支持地盤 鋼管の寸法
■砂質土地盤
(礫質地盤を含む)
■粘土質地盤
φ101.6~φ267.4  
拡翼径の寸法
φ250~φ650  
試験方法 最大施工深さ
標準貫入試験 130D以下かつ34.7m以下
先端N値 適用する建築物の規模
■砂質・礫質・粘土質地盤
(10N値50)
床面積の合計が 50,000m2以下の建築物
各種鋼管杭及び工法のカタログ(.pdf)を閲覧できます。
PDFファイルを閲覧するには Adobe Reader が必要です。
下のリンクから無償でダウンロードできます。
    
※ ダウンロードの際、提供オプション(Google Chrome や Google ツールバー 等)必要が無い場合は、レ点チェックを外してから「今すぐインストール」のバナーをクリックしてください。
 
  • ケンマ工法
  • ケンマ工法
  • メガソーラー用鋼管杭
  • メガソーラー用鋼管杭
  • TGパイル工法
  • TGパイル工法
  • TG-m工法
  • TG-m工法
  • ガイアパイル工法
  • ガイアパイル工法
  • テコットパイル工法
  • テコットパイル工法
弊社加盟団体サイト
  • 一般財団法人 九十九
  • 一般財団法人 九十九